中央メイン画像

全国・スピード対応!離婚届け証人代行

当サイトでは、離婚届の証人がいない方への代行サービスを展開しております。
離婚には協議離婚と裁判離婚の2種類がありますが、
協議離婚の場合は証人というのが必要になります。
民法では成人の証人2名の署名が必要と定められています。
この署名は自筆であること、そして捺印も必要になってきます。
婚姻届の署名をもらうのは比較的容易なのですが、離婚届の場合は、
身内や知人に知られたくないという理由からこの証人探しに苦労されている方が
とても多いのが現実です。
当サイトの証人代行サービスは全国・スピード対応!
秘密厳守で対応させていただきますので、ご希望の方はお気軽にお申し込み下さいませ。

婚姻 養子縁組 よくあるご質問を更新致しました!【2015年5月】ご参考にどうぞ。


代行の流れ


当サイト『全国離婚届証人代行センター』では、
ご両親、ご親戚、ご兄弟、友人など、ご関係者の方に頼むことなく、
離婚届の証人を2名ご用意致します。

誰に依頼することなく、誰にも知られずに離婚届を提出することができます!

① 当サイトのサービスにお申し込み


まずは当サイトのお申し込みフォームより必要事項をご入力のうえ、お申し込み下さい。


② 選べる2つのお支払い方法


当サイトは、先払い後払いの2つのお支払い方法をご用意しております。
お申し込みいただいてからご返信致しますメールにて、
お振込み先・ご郵送先・金額を記載しております。

先払いをご選択されたお客様
指定口座へのお振込みをお願い致します。
お振込み後、離婚届出用紙を弊社住所までご郵送下さい。
ご入金確認ができしだい、弊社より入金確認のご連絡を差し上げます。

後払いをご選択されたお客様
離婚届出用紙を弊社住所までご郵送下さい。
弊社到着後、担当者が証人欄に署名・捺印し、全て記入された離婚届を撮影致します。
撮影致しました画像をメールにてお客様にお送り致します。
お送りした画像をご確認いただいた上で、ご入金、という流れになります。

※なお、後払いは先払いに比べ、メールのやり取り等にお時間を要します。
お急ぎの方は≪先払い≫をお選びいただくことをお勧めします。


③ 離婚届出用紙を弊社へご郵送


ご郵送いただく離婚届出用紙には、必ず
夫及び妻となる方それぞれの自署捺印がされているものをお送り下さい。


④ 離婚届出用紙を郵便書留にて返送


先払いをご選択されたお客様
弊社の担当者が、離婚届出用紙の証人欄に署名・捺印をし、
郵便書留にて速やかに返送させていただきます。

後払いをご選択されたお客様
お客様のご入金確認ができ次第、弊社より入金確認のご連絡と同時に、
当日付けで郵便書留にて返送させていただきます。
お客様がお住まいの最寄りの郵便局にて、
局留めによるお受け取りにも対応させていただきます。

郵便局留めをご希望の場合には、お申し込みフォームの備考欄に
ご指定される郵便局名を必ずご記入下さい。
その際には、発送日とお問い合わせ番号(追跡番号)を
お客様にメールでお知らせ致しますので、郵便局へ行かれるタイミングのご判断にお役立て下さい。


⑤ 市役所へご提出


書類が届きましたら、市役所へ提出していただき、離婚成立です。
当サービスをご利用いただければ、お申し込みフォームにご入力いただき
離婚届出用紙をご郵送いただくだけで、
お知り合いの誰にも知られずに、離婚届の証人欄に署名・捺印の入った離婚届を
手にしていただくことができます。

日本全国どの地域からでも、お申し込み可能です。
お手間もストレスも感じずに、スピーディーに離婚をすることができます。
お悩みの問題を解決していただき、いち早く離婚を成立させ、
より良い生活への再スタートを切って下さい。

お申し込みはこちら
Copyright(c) 2015 離婚届証人代行センター All Rights Reserved.