離婚協議書とは

協議離婚とは、夫婦間で離婚する意思について同意がある場合の離婚のことを指します。

この場合、2人の間で話し合いがまとまっているので、役所に離婚届を提出することで離婚が成立します。日本における離婚の約90%の離婚が、この「協議離婚」です。

協議離婚をする場合には、

・養育費について
・親権者や監護者について
・面接交渉
・2人の間での財産分与について
・慰謝料
・婚姻費用

などの問題をクリアーにし、取り決めをしておくことが大切です。

上記のような問題に関する取り決めを書面に記したものが、離婚協議書です。

離婚協議書は、「個人の合意」という文面では法的な拘束力を持たないので、合意した内容を強制執行認諾文付きのものである公正証書にしておくことが大切です。

※ 公正証書:夫婦で公正役場に行き、取り決めた内容を公証人に作成してもらう証書のことです。

きちんと「公正証書」にしておくことで、二人の間で協議した結果が法的に認められることになり、後々のトラブルを未然に防ぐことができます。

協議離婚をする時には、離婚届の「証人欄」に署名・捺印が必要となります。
証人となることができるのは、20歳以上の成人であり、必ず自筆で書いてもらう必要があります。
Copyright(c) 2015 離婚届証人代行センター All Rights Reserved.