浮気について

夫婦間には、お互いに貞操の義務があります。
そのため不貞行為(浮気)は、法律上の離婚理由になり得ます。

「法律上の離婚理由になる」ということは、裁判離婚の場合に慰謝料金額の判断材料になるということです。

浮気の事実が明らかになったとしても、愛情が勝って許す場合があると思います。
そして、どうしても許せない場合には「離婚」することになります。

その場合には、裁判による離婚を選択し、慰謝料を請求することができます。

<1回限りの不貞行為>

浮気を肯定するつもりではないのですが、
法律による判断において「1回限りの不貞行為」は、不貞行為とみなされません。
繰り返し行われた行為についてを、「不貞行為」としています。

そのため、1回限りの不貞行為があったとしても、その後、反省し家庭や夫婦関係を大切にしている状況がある場合、「2度と過ちを繰り返すことなく、婚姻関係を維持する意思がある」と判断されるのです。

<別居中の不貞行為>

夫婦間の関係が冷え、すでに別居中という状況下において浮気をした場合には、裁判では「婚姻破綻後の行為」とみなされ、不貞行為と判断されない場合があります。

Copyright(c) 2015 離婚届証人代行センター All Rights Reserved.